優れた指紋認証鍵フィンガードの特集です。指紋認証の他、非接触カード、パスワードも使利用でき、高い安定稼動を実現する指紋認証システムです。

大切なものを守りたい 長く住む家、そして大切な家族を守るため玄関から始めるハイセキュリティ「指紋認証鍵」で安心できる暮らしをご提案します。
バイオセキュリティ・バイオセキュリティー 大切なものを守りたい
長く住む家、そして大切な家族を守るため玄関から始めるハイセキュリティ「指紋認証鍵」で安心できる暮らしをご提案します。


(特集)マイナンバー対策

株式会社フィンガード - J-GoodTech(ジェグテック)

代理店募集
お客様安心サポートダイヤル 0120-698-992 受付時間 9:00〜17:30(日・祝除く)
メールはコチラ

お客様の声
 

指紋認証鍵フィンガードの製品紹介

【特集】

指紋認証鍵フィンガードの製品紹介
指紋認証鍵フィンガードの製品紹介

マイナンバー制度「韓国の先行事例から考える」

「韓国ではクレジットカードのカード番号も住民登録番号で一元管理されているのですが、
昨年1月、クレジットカード会社3社や銀行口座関連の個人情報約1億400万件が流出し、
預金の無事を確認しようと顧客が銀行に殺到する騒ぎとなりました。
但し韓国は本人確認は指紋で行うので成りすましは不可能です。
また、アメリカでは、なんと36年から「社会保障番号」が導入されているが、パソコンの
普及した90年代後半以降になって、なりすまし犯罪が激増した。その数は06年から08年の
3年間だけで約1170万件、被害額は約1兆7300億円にも上るといわれる。

「昨年、日本でもベネッセの関連社員がお金欲しさに推定2895万件の個人情報を
流出させて大問題になりましたが、今後はマイナンバーを悪用した不正や犯罪が起こるでしょう」
(白石氏)

新しいことが始まる時には便利になる分、こうした悪用の心配もつきものだ。
もはや施行は避けられない以上、せめて運用にはしっかりした管理をお願いしたい。

鍵がカギの役割を果たさない時代に!3Dプリンターの脅威

米国の学生が3Dプリンターで「高性能な鍵」の複製に成功した記事をご存知でしょうか?
カギが物理形状を成している以上、3Dプリンターの前では、なすすべがありません。

ピッキング対策として、採用されているディンプルキーと呼ばれるカギですら、 3Dプリンターと3Dスキャナーを組み合わせれば、いとも簡単に同じモノを複製することができます。

しかしながら、3Dプリンターといえども、指紋の複製は不可能です
セキュリティーに万全を期すならば、「指紋認証 鍵」しかありません!

家族や大切なものを守るため、ぜひとも「指紋認証 鍵」への移行をご検討ください。



日本の生体認証市場

人間の身体的特徴の情報を用いて行う個人認証技術<生態認証(バイオメトリクス)>が、今社会のさまざまなシーンで急速に普及しつつあります。生態認証には、静脈認証、虹彩、声紋、顔形、筆跡などありますが、そのうち約60%を占めるのが「指紋認証」です。「指紋認証」は歴史的に最も古く、技術開発も盛んに行われ、高精度の照合技術を実現する信頼性の高い生態認証として、日本国内においても感心が高まっています。

ここでは市場拡大に関連する記事をご紹介します。

参考記事0 ページの上へ 参考記事5 ページの上へ 参考記事1 ページの上へ 参考記事2 ページの上へ 参考記事3 ページの上へ 参考記事4
ページの上へ